デンタルエステは男の常識!セラミック・ホワイトニングは審美歯科【西本歯科医院】奥歯の審美歯科・セラミック治療 

奥歯にも審美性の高い治療をご提供します

「前歯だけ」で本当に大丈夫ですか?

「前歯だけ」で本当に大丈夫ですか?意外に思われるかもしれませんが、前歯だけでなく、奥歯に銀歯などの審美性が劣る歯科材料が入っていると案外目立ってしまうものです。お口を開けて笑った時に銀歯のギラギラとした銀歯の金属色が目立ってしまい、口元の印象が損なわれてしまうこともあります。また、お口の中に銀歯があると、唾液などで溶けた金属が体内に蓄積されて金属アレルギーの原因となることもあります。大阪市の西本歯科医院では、奥歯にも審美性の高い治療をご提供して患者様に健康で美しい口元を提供させて頂きます。

「奥歯のセラミックは割れるのでは?」と心配な方へ

「奥歯にセラミックを入れると割れるのでは?」と心配な方もおられるかと思います。確かに、奥歯は噛む力が加わりやすいので、他と比べて補綴物に負担がかかりやすい部分であると言えます。ですが、今では様々な特性を持ったセラミック製の補綴物が登場しており、例えば「ジルコニア」という人工ダイヤモンドにも使用される強度の高いものを使用すれば、奥歯でも安心してお使い頂くことが可能です。

銀歯をセラミックに替えることで金属アレルギーが改善されるケースも

患者様の状態や症状などによっても異なりますが、お口の中に銀歯などの金属の歯科材料が原因で金属アレルギーの症状が現れている方などは、それを体に優しい素材であるセラミックに替えることで改善されるケースもあります。
銀歯は見た目がよくないだけでなく、唾液などにより溶解した金属が体内に蓄積されることで金属アレルギーなどお体に悪影響をおよぼす場合がありますので、もし今、原因不明の金属アレルギーの症状でお困りでしたら一度お気軽に当院までご相談ください。

当院のメタルフリー治療

西本歯科医院ではメタルフリー治療に力を入れています

メタルフリー治療とは、銀歯などの金属の歯科材料を使わずに、セラミックなどの生体親和性に優れた材料を使用する「お体に優しい治療」です。当院ではこのメタルフリー治療に力を入れて取り組んでおり、金属アレルギーの原因とならない、また金属アレルギーの方でも安心してお使い頂ける「オールセラミック」「e-max」「ジルコニア」などの補綴物をご用意しております。

金属の歯科材料が金属アレルギーの原因となることも

従来の歯科治療ではゴールド・チタン・銀・クロムなどの金属の歯科材料を用いた治療が主流で、金属には強度が高いなどのメリットがある一方、溶けた金属が体内に蓄積されて金属アレルギーを引き起こすという弊害もありました。また、天然歯の色調とはかけ離れているので、どうしても仕上がりが不自然になるというデメリットもありました。
こうした弊害・デメリットを受けて、現在の歯科治療では金属を使用しない治療(メタルフリー治療)が主流となりつつあります。当院でも金属アレルギーでお悩みの方・ご心配な方のためにメタルフリー治療に注力しておりますので、症状でお困りの方などは一度当院までご連絡ください。

歯科治療で使用される材料

金属

材料的に便利で、強度も高いなどの理由から、従来の歯科治療ではゴールド・チタン・銀・クロムなどの金属の歯科材料がよく用いられていました。ですが、現在では金属アレルギーの原因となることや、審美性の問題などから金属を使用しない治療が主流となりつつあります。

レジン(歯科用プラスチック)

「レジン」とは歯科用プラスチックのことで、天然歯に近い色調を再現することができ、オールセラミックよりも費用を抑えて白い歯を入れることができます。ただし、オールセラミックと比べると審美性は劣るため、より白くてきれいな歯をご希望であればオールセラミックがおすすめです。

セラミック

セラミックとは陶器のことで、天然歯同様の白さや透明感を出すことができ、さらに吸水性がほとんどないので変色が少なく、長期間白さを保つことができます。このセラミックのみで作製した補綴物のことを「オールセラミック」と言い、高い審美性を実現して口元を自然な仕上がりにすることができます。

金属を使用した治療とメタルフリー治療の比較

金属を使用した治療

■メリット

強度が高く丈夫で、保険適用内で使用できる者が多いので費用が抑えられます。

■デメリット

唾液などで溶けた金属が体内に蓄積されて金属アレルギーの原因となることがあるほか、天然歯の色調とはかけ離れているので審美性が劣ります。また、強度がある分、柔軟性に欠けるので強い衝撃を受けると破損することがあります。

メタルフリー治療(金属を使用しない治療)

■メリット

金属を一切使用しないので金属アレルギーの心配がなく、さらに金属イオンの溶出がないので歯茎の黒ずみ・変色が起こりません。

■デメリット

保険適用外なので費用がかかります。また、金属よりも強度が劣るため、使用する材料によっては「奥歯には使用できない」など適応外となるケースもあります。

TEL:0120-632-256 メールでのお問い合わせ アクセス診療時間
一番上に戻る
一番上に戻る
Tel.0120-632-256メールでのお問い合わせ診療時間アクセス

各種ホームページ紹介

西本歯科医院オフィシャルサイト

大阪でオススメの歯医者

審美歯科専門サイトセラミック専門サイトBeauty Beauty